本当の天才というのはきっとこういう人のことなんだろう

先日、将棋の羽生喜治さんがすべてのタイトルで永世号を取得して話題となりした。
私はそれほど将棋に詳しいわけではありませんが、大崎善生さんの本が好きなので、多少将棋に関しての知識はあったりします。
プロ棋士になり、タイトル戦に出場し、タイトルを獲得して、それを維持する…。
実際に自分がやったわけではないので、いかにそれが大変で、プレッシャーのかかることなのかは推し量るしかないでしょう。
しかし、対極のあとの表情やインタービューなどを見聞きすると、それはまさに命懸けというべき過酷さだというのがわかります。
そして、すべてのタイトルで永世号を取るというのは、本当にすごいことで、羽生さんは本当の天才なのだろうと改めて思ってしまいました。
20年ほど前にすべてのタイトルを独占して7冠となったときにも、とても大きな話題となったのを覚えています。
しかし、長い年月を掛けて実績を積み上げて、今回はすべてのタイトルの永世号を手に入れました。
本人はとても謙虚な人なのでそう口にすることはないでしょうが、人並みはずれた努力や勉強をしなければきっと手にすることはできないのでしょう。