電圧のことやごとなどについて授業しました

電圧などに関しまして稽古をしました。電圧合算においてだ。直融資を用います。+端子を電流の+極側に、−端子を電源の−極側につなぎます(電圧のがたいがわからないときは、−端子は最大の数量の端子を使う)。回路のはかろうとする部分に並列につなぎます。注意することは、電圧合算を回路にストレートつなぐという回路にちっとも電流が巡りなくなります。次は、ユニットにおいてだ。アンペア(A)は、1VTRの電位差をもつ2会社を1Ωの抵抗で結ぶときに流れ出る電流のがたいに等しいだ。ミリアンペア(mA)は、1mA=0.001Aだ。ボルト(VTR)は、1Aの電流が流れてある1Ωの抵抗の導線の両端の電圧(電位差)だ。間隔ボルト(kV)は、1kV=1000VTRだ。オーム(Ω)は、1Aの電流が溢れる導体の2会社タームの電圧が1VTRですときの2会社タームの電気抵抗だ。間隔オーム(kΩ)は、1kΩ=1000Ωだ。知らないこともあったので、いとも勉強になりました。